オムツはずしのタイミング

オムツはずしのタイミングは、1歳半過ぎと育児書に書いてあったりしますが、その時期の子どもは、自分と他人の違いを認識し、ママと自分は一体ではなく、別の存在だと認識し始める頃。
そのため母子分離不安が高まり、ママにベッタリ甘え、人見知りする頃にあたります。ここで難しい注文を出すと、拒絶されたと感じやすく、トイレトレーニングに抵抗感を持ちやすくなります。
2歳過ぎから情緒的に安定し始め、ママの要求も受け入れられるようになります。
ママから離れて冒険しよう、新しいことを覚えようという好奇心が育ってくるのもこの頃です。この好奇心こそ、トイレトレーニングを順調に進める最大のパワーです。

トイレトレーニングを早く始めれば、それだけ早く成功するとは言えませんので、「からだ」と「こころ」の機能が十分に整ってから始め、短期決戦で親子ともストレスなく、すんなり自立していくのが理想です。


copyright © 2006 オムツはずし教室 All Rights Reseved