オムツはずしで困った時は

· ママのイライラやストレス
· 外出先のトイレでは
· 後戻り
· おしっこと言えない
· おしっこの間隔がわからない
· おしっこのサインがわからない
· トイレで遊ぶ
· トイレから離れない
· トイレを怖がる
· トイレに行くのをいやがる

ママのイライラやストレス

うまくいかないと、イライラしてしまったり、ストレスがたまってしまう場合があります。そんな時は、お出かけのときにオムツをしたり、オムツはずしをお休みする日を作ったりするなど、張りきりすぎずに、無理せず続けていきましょう。
トイレにしつこくお子さんを誘っていると、お子さんもストレスがたまり、頻尿や体調を崩してしまう場合もあるので注意しましょう。

外出先のトイレでは

心配なころはトレーニングパンツで、その後、徐々に普通のパンツにし、着替えを必ず持参。長時間の外出の時、トイレがある場所では、でなそうでも必ず行かせたり、パンツの上からおむつをはかせ、もらした時の気持ち悪さは残しつつ、外にはもれないのでおすすめです。
和式トイレが苦手な場合、洋式トイレの場所をあらかじめチェックしたり、使い捨てのポータブルトイレを持ち歩いたりしましょう。
外出先が和式の場合、立ってさせようとしたら(男の子の場合)、足を伝って垂れてしまったり、うんちが出てきたりしてかなり服を汚してしまうこともあるので、ズボンもパンツも全部脱がせて、しゃがめなくても便器をまたがせるようにするのがいいでしょう。

後戻り

布タイプのトレーニングパンツや布パンツを本人に選ばせ、「おしっこができるようになれば、こんなかわいいのがはけるよ」というとやる気になってくれたり、トイレに行くのをほめられたりすると自信がついたりします。
下の子を妊娠・出産した時、甘えたいのか、後戻りしてしまう時期がある場合、下の子の世話の合間は、できるだけ上の子に手をかけるようにすると、自然に解決したりします。

おしっこと言えない

しつこく「おしっこは?」と聞いても効果はあまりありません。
お子さんが初めて「おしっこ」といったときに大げさにほめてあげたりすると気をよくしてそれ以降教えてくれるようになったり、ママがトイレに行くときに「おしっこ」というのもいいでしょう。
「おしっこしたくなったら、お母さんも一緒にトイレに行きたいから言ってね」と、子どもにお願いしたら、言うようになった子もいます。ただ教えてというより、遊び気分になれるのか、呼んでくれるようになったのかもしれません。

おしっこの間隔がわからない

最初は、おしっこが出たら分かるようなお知らせマークつきのトレーニングパンツが便利です。これで間隔をチェックするとおおよそわかります。
朝食後2時間でトイレに誘い、出ないようなら、また1時間後というように、生活の節目節目で誘ってあげたり、オムツのときに、約30分ごとにおしっこが出ているかどうかのチェックを2~3日繰り返しやっていると、おしっこの間隔がだいたいわかったりします。

おしっこのサインがわからない

もじもじ・もぞもぞしたり、物陰に隠れる子や動きが止まる子などがいます。また、「おしっこは?」と聞いたときに逃げるのがサインという子もいます。
サインが分からない場合には、サインにこだわらず、家事などの節目に声をかけたりするのもいいでしょう。

トイレで遊ぶ

トイレットペーパーの引っ張り出しで遊んだりする時は、取りはずして子どもの手の届かないところにしまったり、ペーパーの代わりに流せるおしりふきを置いておくようにすると、長く引っ張り出す楽しみがなくなり、遊ばなくなるでしょう。

トイレから離れない

トイレはおしっこやうんちをするところだという目的をしっかり伝え、遊ぶ目的で行くことがないようにしたり、トイレ専用のぬいぐるみはひとつにして、トイレに行けば会えることにしたら、こもって遊ぶことはなくなるでしょう。
また、トイレで遊んではいけないということをきちんと伝えたうえで、あとは「ママはあっちで待ってるね」とリビングへいき、「ミニカーが待ってるよ」などと遊びに誘うようにすると、トイレでの遊びを切り上げられるようになるでしょう。

トイレを怖がる

トイレが怖いところだと思っている時は、薄暗い照明を明るい電球に替えたり、おうちの方がトイレの中で楽しそうに歌を歌ったり、カレンダーにシールをはれるようにして、トイレが楽しい所だとアピールするのもいいでしょう。

トイレに行くのをいやがる

初めは、トイレの狭さや暗さ、秋や冬の寒さなどから、トイレをいやがる子もいるかと思います。
そんな時は、おうちの方も一緒にトイレに入って、子どもを抱きかかえておしっこをするまねをさせるなど、遊び感覚でおこなったり、キャラクターのついた補助便座の場合は、キャラクターになりきって、「○○くん、一緒におしっこしよう♪」と誘い、キャラクターとの会話を楽しみにさせたりするのもいいでしょう。


copyright © 2006 オムツはずし教室 All Rights Reseved